hoosiershelpinghoustonテスト

 

 

内装材料ってどうやって選ぶの?

 

部屋のイメージテーマを決めましょう。

 

明るい感じにしたい、おしゃれな感じにしたいと思っていても、実際に自分で決めるとなると、どんな材料でどんな色にしたらいいかと迷ってしまうのではないでしょうか?
 その時はまずお部屋のイメージテーマを決めると、選びやすくなるのでお勧めです。イメージテーマとは

 

で、洋風シンプルモダン、和風シンプルモダン、クラシカル洋風、伝統的和風、北欧風、南欧風、バリ風、チャイナ風など様々あります。飽きがこず、自分の感覚にしっくりと馴染み、自分らしさが出せるそのようなイメージテーマを選ぶといいでしょう。

 

 

色選びは基調色とアクセント色を組み合わせて。
イメージテーマが決まれば次はイメージテーマに合わせた色選びです。
床・巾木・壁・天井・建具・枠そして敷物・カーテン・家具などインテリアを決める要素がたくさんありますが、部屋の雰囲気を決めてしまう要素として大きいのはやはり床・壁・天井の色ですね。その床・壁・天井にまずイメージテーマの基調色を使うようにしましょう。例えば洋風シンプルモダン風だと黒と白などの2色を基調色に、また北欧風だとナチュラル色を基調色に使うと良いでしょう。
そして決め手となるのはその基調色に対して空間を引き締めたり、穏やかにさせたり、ポップにさせたりするのに敷物や家具・飾り物などでアクセントカラーを使うと良いでしょう。

 

 

色だけでなく感触も大事!

 

次に大事なのが感触です。それぞれの色を決めたら実際の仕上材を観て触ってみましょう。各仕上材メーカーのショールームに行くとか、ネットでサンプルも取れるのでいくつか取り寄せて、実際のその箇所に貼り付けて、近くで観たり遠くて観たり、触って感触を確かめてみましょう。そしてすぐに決めずに昼間の光と夜の照明の光によっても感じ方が違うので焦らずじっくりと選びましょう。

page top